運命学の集大成!0学占いは6つの星に分けた占術法

- 運命学の集大成!0学占いは6つの星に分けた占術法

運命学の集大成!0学占いは6つの星に分けた占術法

0学占いは、東洋占いでも比較的歴史が新しいもので、気学・四柱推命・昜などを集めて作られた占術法です。
12の運命期に沿って行動することにより、運勢を上げることができます。

分かりやすい12の運命期

0学占いの特徴として、複雑な占術方法はありますが、基本的な考え方は分かりやすいものです。
陰陽五行説を元にした性質と、土を合わせた6つの星で、その人の本質が占えます。
例えば、ホット星(水王星・月王星・金王星)なら能動、クール星(木王星・火王星・土王星)なら受動といったものです。
このどちらかが特定した後にプラスかマイナスを判断します。
生年月日で占えるのと、12が運命期となるので、周期がどのように動きがあるのか見て取れます。
周期は年や月単位と占うことができる他、それを当てはめるときも、最終的には0地点と呼ばれる運気に戻ります。

似ている占いが多い?

様々な占いの要素を混ぜた占いであることから、日本でも「六星占術」や「令翠学」と似たような部分を持っています。
ただ、全てベースとなっているのは、四柱推命となっているのは共通して言えることです。

運気を上げる使い方

0学占いには、四季を分けて運気を占うのが一般的です。
なので、1周期を基準として、動いた方が運勢を開くことができます。
例えば、0地点なら「芽が出ずに土の中に埋もれている状態」を示します。
また、背信は「上手くいってたことからの通用せず、変化のとき」という意味です。
背信の後は0地点に戻るので、これらの運勢を知ると、行動の仕方やチャンスに変えられます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫