性格と距離で相性診断!?宿曜占いは相性を占うのに最適です

- 性格と距離で相性診断!?宿曜占いは相性を占うのに最適です

性格と距離で相性診断!?宿曜占いは相性を占うのに最適です

宿曜占いは、元々はインド発祥の占星術でしたが、そこから日本に伝ってきた占いです。
星の流れによって、月日単位で占断しますが、最も効果を発揮するのは相性診断になります。

宿の性格や距離が判断できる

基本的な概念としては、占星術から来ているので、性格と距離を出す際にも生年月日から特定の星を選出して看命します。
その他にも、将来の運勢や運気がどのようになるのか占えます。
27または28の星を、月の動きが変動することで将来を読み取るというのが、西洋占術に似た考えが根底にあります。
27か28を用いるかは、あまり重要視はされていませんが、日本は27が多いです。

距離とは何か?

この占いが突出している点として、他には見ない「距離」を占えます。
お互いの性格から、39の組み合わせによって、物事に対して上手に行ったり、逆に上手くいかないときもあります。
一度出た結果に対して「近・中・遠」で表し、そのときによって効果が異なります。
例えば、相性が悪いと言われる「安・壊」は、どの距離を取っても、関係が悪くなる一方になります。
遠距離なら、まだトラブルが避けられても、近距離なら惰性で関係が続いたり、トラブルも増えていくことも多いです。
一方で「栄・親」は、お互いに相乗効果が高いなどの関係性も占えます。
しかし、近距離であれば、ウマが合いますが、中距離になると気付かないで見逃すなどの問題もあるのです。
これらのように、わざと相手を避けたり、シーンによって合わせたりすることで、反作用効果を生むこともできる便利な占いです。
相手と思った通りにいきたいと考えてるときには宿曜占いを検討してみると、運勢を切り開くきっかけになるかもしれませんよ。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫